スタッフブログ

2015年8月 2日 日曜日

銀行振込の領収書には印紙が必要?

 売上を銀行振込で受領した際の領収書を求められ、領収書の印紙が必要ですかと質問されました。

銀行振込の場合は、振込明細書が領収書となりますから、本来は領収書の発行は必要ありません。

しかし、先方から領収書を依頼されたら発行しなければなりません。

その時は、印紙を貼る必要があります。

印紙とは、現金の授受に対して課される税金ではなく、領収書などの"紙文書"を作成する行為に対して課されるものでからです。

 5万円未満       ・・・ 非課税 ※平成26年4月1日以降に作成されるもの
 100万円以下      ・・・ 200円
 100万円超200万円以下 ・・・ 400円
 200万円超300万円以下 ・・・ 600円
 300万円超500万円以下 ・・・ 1000円
 500万円超       ・・・国税庁HPをご参照ください

 印紙税が課される文書の作成者が、印紙税を納付しなかったときは、たとえ印紙税が課されることを知らなかったり、収入印紙を貼り忘れた場合であっても、納付しなかった印紙税の額の3倍(収入印紙を貼っていないことを自主的に申し出たときは1.1倍)の過怠税が課されます。


投稿者 株式会社東海経営 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

豊橋本社愛知県豊橋市新栄町字東小向
70番地1 BASE23 1F 
TEL:0532-34-5757
名古屋オフィス名古屋市中区千代田3-8-3 
名古屋中青色申告会館4F
TEL:052-228-9073
【営業時間】平日 9:00~18:00
【定休日】土曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら