スタッフブログ

2014年12月16日 火曜日

贈与契約書の作成と収入印紙

 お客様から預金を110万円贈与をした件で相談がありました。。

どうやらおじいさんが現金を引き出してしまったということでした。

いったん引き出した現金を戻した方がいいかということでした。

以前から預金の贈与は、跡が残るように通帳から通帳へ振り替えるように伝えてあったので心配になったみたいです。

今回は、お金の流れを分かりますし、贈与契約書を作成して贈与者と受贈者が署名しておくことで大丈夫とお伝えしました。

 来年から相続税の増税が始まりますので、駆け込みで贈与をする人が増えているのかもしれません。

贈与契約書について一つお伝えしておきます。

贈与契約書に貼る収入印紙ですが、現金や株式を贈与する場合については必要ありません。







投稿者 株式会社東海経営 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

豊橋本社愛知県豊橋市新栄町字東小向
70番地1 BASE23 1F 
TEL:0532-34-5757
名古屋オフィス名古屋市中区千代田3-8-3 
名古屋中青色申告会館4F
TEL:052-228-9073
【営業時間】平日 9:00~18:00
【定休日】土曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら