スタッフブログ

2014年12月10日 水曜日

100万円未満の美術品等は減価償却が可能に

 平成27年1月1日以後開始年度から、一部の美術品が減価償却資産として取り扱われます。

 
 美術品等については、価値の減少しないことが明らかなものを除いて取得価額が1点100万円未満であるもの等が、減価償却資産として取り扱われます。

 
 法人税については、平成27年1月1日以後開始事業年度で有する美術品から、所得税については平成27年度以後の年分において個人が有する美術品等から適用される。

 また、償却資産税については、1月1日に所有する償却資産が課税対象となるため、12月決算法人と個人事業者で取得価額が100万円未満に美術品を有している場合は注意が必要になります。



 

投稿者 株式会社東海経営 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

豊橋本社愛知県豊橋市新栄町字東小向
70番地1 BASE23 1F 
TEL:0532-34-5757
名古屋オフィス名古屋市中区千代田3-8-3 
名古屋中青色申告会館4F
TEL:052-228-9073
【営業時間】平日 9:00~18:00
【定休日】土曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら