スタッフブログ

2014年12月 6日 土曜日

妻が契約者の生命保険料控除

 年末調整などで使う生命保険料控除についてです。

 生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは、一定の生命保険契約等で、その保険金等の受取人のすべてをその保険料の払込みをする者又はその配偶者その他の親族とするものをいいます。

 契約者が誰であるかは要件とされていません。

 したがって、この要件が充たされている限り、保険料を支払った夫の生命保険料控除の対象になります。

 また、夫が支払った生命保険料を、控除額を超えたからと言って妻から控除することも勿論出来ません。


 契約者以外の人が保険料を負担していると、贈与税がかかる場合がありますので注意して下さい。



投稿者 株式会社東海経営 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

豊橋本社愛知県豊橋市新栄町字東小向
70番地1 BASE23 1F 
TEL:0532-34-5757
名古屋オフィス名古屋市中区千代田3-8-3 
名古屋中青色申告会館4F
TEL:052-228-9073
【営業時間】平日 9:00~18:00
【定休日】土曜日・日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら